InfraDoctor ®

インフラドクター®は、首都高が2017年から運用を開始した、未来型一括管理システム「i-DREAMs(アイドリームス)」の機能のひとつです。
GISと3次元点群データを活用した新時代のシステムでインフラ・構造物の維持管理業務の効率化を支援します。
NETIS [国土交通省 新技術情報提供システム] 登録No.:KT-170012-A


 GISで業務効率をUP!

基本機能:GISで台帳管理検索
点検管理などの台帳をインフラドクター®WEBのGISに搭載することができます。
地図上からの選択の他、インテリジェントサーチ機能でキーワードや分類での検索もでき、作業時間の短縮に役立ちます。
 動画では、実際のシステム画面で台帳のサンプルをキャプチャしてお見せしています。


 3次元点群を使う

基本機能:点群を利用した寸法計測
3次元点群には座標(X,Y,Z)が付与されており、画面上で選択した2点間の計測が簡単にできます。
インフラドクター®の断面作成機能を使って計測すれば、より正確な値を参照できます。
 動画では、点群の閲覧画面から寸法計測を行う手順と断面を作成して計測する手順をお見せしています。


 全方位動画で現場を確認

基本機能:全方位動画を利用して現場確認
インフラドクター®に搭載された全方位動画を利用すると、事前の現場確認をPC上で実施することができます。
視点は再生中にも任意の方向へ変更できます。停止状態の静止画像は明るさやコントラストの調整も可能です。
 動画では、実際の操作画面をキャプチャしてお見せしています。


 GISメモ機能で情報共有

GISをプラットフォームとするインフラドクター®なら、地図上の任意のポイントにユーザーが自由にコメントを登録することができます。
メモ機能と呼ばれるこの機能を利用すれば、添付ファイル付きで様々な情報をクラウドに保存できます。