InfraDoctor

・2018.12.14 NEW 建設通信新聞日刊建設産業新聞日刊建設工業新聞で「8K」動画技術が取り上げられました
・2018.12.13 NEW 世界初!「8K」動画技術を道路インフラ点検に活用。実証実験に着手しました!!
・2018.12.6 基本機能ページに操作の動画を追加しました
・2018.11.28-29 ハイウェイテクノフェア2018に出展しました
・2018.11.27 日刊建設工業新聞にてインフラドクターをご紹介頂きました
・2018.11.26 建設通信新聞に掲載されました
・2018.11.19 ベトナム国 交通運輸省の方々にインフラドクターのデモ操作をご覧いただきました
・2018.10.25 世界道路協会(PIARC)横浜総会においてインフラドクターが紹介されました
・2018.10.25 新技術交流イベント2018in静岡に出展しました
・2018.9.28 NHK静岡 NEWS WEBで紹介されました
・2018.9.27 10月25日:新技術交流イベント2018in静岡に出展します
・2018.9.27 新保守システム 鉄道版インフラドクターの記者発表を実施しました
・2018.9.19 日本初! 地理情報と点群技術を活用した鉄道保守管理システムを東急グループ、首都高速道路と共に共同開発を開始しました
・2018.9.10 活用事例に具体的な業務の例を掲載しました
・2018.7.31 第20回 国土技術開発賞 最優秀賞を受賞しました
・2017.7.24 第1回 インフラメンテナンス大賞 総務大臣賞を受賞しました


NEW世界初!「8K」動画技術を道路インフラ点検に活用 ~首都高速 トンネルで実証実験に着手~
概要

首都高技術株式会社、朝日航洋株式会社、アストロデザイン株式会社の3社は、老朽化が進むインフラに対し、メンテナンスの品質向上と効率化を目的として、2018年12月1日から実用放送が開始された「8K」動画技術を道路インフラ点検に活用する取り組みを開始しました。「8K」動画技術のインフラメンテナンスへの適用は、世界初の取り組みです。
なお、「8K」動画とは、約3300万画素(横7680×縦4320)のエリアセンサカメラによる映像を指します。

首都高速 トンネルでの実証実験

2018年11月25日、首都高速のトンネルにおいて、朝日航洋株式会社が保有するモービルマッピングシステム(以下、MMS)に、アストロデザイン株式会社が開発した8Kカメラ(3300万画素)及び映像収録システムを搭載して、トンネルのコンクリートひび割れを検出する実験を行いました。走行するMMSから0.15mm幅のひび割れを検出可能であることを確認しました。
≫詳しく見る

建設通信新聞日刊建設産業新聞日刊建設工業新聞にも掲載されています。
PDFで建設通信新聞の記事を読む


ハイウェイテクノフェア2018に出展しました

ハイウェイテクノフェアとは、高速道路に関する新技術・新工法、資機材および現場の支援システム、環境技術等を展示・紹介するイベントです。
インフラドクターの操作を体験して頂ける機会を設け、多くの方々に実際の操作をお試しいただきました。ご来場くださいましたみなさま、誠にありがとうごいざました。

  • 日  時 : 2018年11月28日(水)~ 29日(木) 午前10時~午後5時まで
  • 会  場 : 東京ビッグサイト 西3・4ホール フロアマップはこちら
  • 入場料金 : 無料
  • ≫詳しく見る

    ベトナム国交通運輸省・世銀ベトナム事務所 日本研修

    ベトナム国交通運輸省、世銀ベトナム事務所並びに片平エンジニアリング・インターナショナルより視察にお越しいただいた皆様へインフラドクターの操作をご覧いただきました。
    ≫詳しく見る

    新技術交流イベント2018in静岡に出展しました

    インフラドクター®のデモンストレーションだけでなく、実際に操作していただく機会を設けました。
    ≫詳しく見る

  • 現場ニーズと企業ニーズをマッチングさせる『新技術交流イベント2018in静岡』に出展いたしました
  • 日 時 : 2018年10月25日(水) 10時から17時15分まで
  • 会 場 : グランシップ6階交流ホールおよび展示ギャラリー (静岡市駿河区東静岡二丁目3-1)
  • 入場料金 : 無料
  • 11月28日~29日に東京ビッグサイトで開催されるハイウェイテクノフェア2018でもインフラドクターを体験して頂けます!

    インフラの維持管理に最適なシステム

    インフラ管理を省力化

    インフラドクター®は、レーザースキャナにより取得する3次元点群データと、同時に取得する映像等をクラウド上で一元管理します。
    全方位動画の閲覧や3次元点群データでの寸法計測などにより、現地に行かなくても室内で即座に現場状況を確認でき、インフラ管理の省力化を実現します。

    II.GISに管理台帳などを追加搭載して高度利用

    合理的で効率的な管理

    インフラ管理者のニーズに合わせて、管理台帳や点検効果などのデータの追加搭載が可能です。これにより合理的で効率的な管理の実現を支援します。